「勝手口ドア取り替え工事」施工例をアップしました

 T様邸は採風勝手口ドアの上げ下げ部分が動かず閉まらなくなり、窓が開いていた上部に段ボールを貼って風をしのいでいたとのこと。

勝手口ドアは設置後20年以上経過すると、上げ下げ部分が故障して閉まらなくなる(バランサーの故障)ということが起こりがちです。

今回T様邸は1997年設置、ということはまさに20年以上前の勝手口ドアでした。

さらに立山アルミという今では三協アルミと統合したメーカーのものが使用されており、いつ部品が無くなるか分からない状態や、今後のことを考えて取り替えをご提案させて頂きました。

 

デザインは今までと同じようなヒシクロス格子に、色は既存のドアと同じブラックを採用されました。

設置後20年以上経過となると色褪せなども気になりますが、今回新しいものに取り替えたことによって美しさがより増しました。

更に既存の勝手口ドアのカギは1つしか付いていませんでしたが、2ロックが標準のLIXIL製リシェント勝手口ドアに取り替えたことによって、防犯性能もアップしました。

 

そして現場調査の際にT様より「玄関ドアのカギが回りづらい」とのご相談もいただきました。

 

確認をさせていただくと箱錠の部分が故障していた為、箱錠のみの交換をさせて頂きました。

こちらの玄関ドアも立山アルミのものでしたが、カギの開閉以外玄関ドアが綺麗な状態のため、部品交換をすすめさせて頂きました。

お困りだったカギもスムーズに回せるようになりT様も大変喜ばれていました。

 

T様ありがとうございました。

 

価格など気になる方は施工例をチェック!

 

********************************************************

まどあかり

広島県安芸郡坂町坂東2丁目13-34-5

https://www.madoakari.jp/

安芸郡・広島市・呉市・江田島市・東広島市の方!

玄関ドア・引き戸取替のリフォームなどお気軽にご相談ください。

********************************************************

このサイトを広める